food bank

NPO法人 KARATSU

いちご

「フードバンク唐津」は、唐津市松南町で子ども食堂かがみを運営している「NPO法人 KARATSU」(富士不動産 生駒明子代表)が立ち上げました。これまで佐賀県内にフードバンクは佐賀市の1カ所しかなく、唐津地区の支援団体も佐賀市まで出向いて食材を受け取っている状況でした。

生駒代表は往復3時間ほどかかり、苦労を考えると唐津地区でも拠点をと思い、フードバンク唐津を唐津市町田に設立。フードバンク活動は市内で初めてとなります。

食材は唐津市内の企業、スーパーや食品メーカー、農家などから提供を受けています。

また「子ども食堂かがみ」を運営する「NPO法人 KARATSU」が県立唐津西高ボランティア部などの協力を得て不要になった中高生の制服や参考書、本もフードバンクで回収して保管し、訪れた支援団体や一般家庭に提供する制服バンクと併せて取り組んでいます。

さがほのか

高校生も運営や準備に協力し、唐津西高のボランティア部や美術部は昨秋からフードバンクの改装を手伝ってきました。ボランティア部は今後も食品や制服などの回収に関わっていきます。

「子ども食堂かがみ」は子どもが一人でも安心して来ることのできる食堂です。 ひとりぼっちの食事を、少しでも減らしあたたかいご飯をお腹いっぱい食べることのできる、地域の中の安心できる居場所づくりを目指します。

いちごさん

NPO法人KARATSUでは企業様からの食品提供や個人様からのご支援をお願いしています。 その他 『制服バンク』『Re:Get』等学用品・日用品のリサイクル活動を行っています。是非多くの方々からのご支援よろしくお願いいたします。

温かいご飯をみんなでおなかいっぱい食べられる楽しさや幸せを感じてほしいという思いで始まったフードバンク唐津、子ども食堂かがみ。

企業からの寄付や、個人からの寄付の窓口となる「フードドライブ」を担う施設やお店なども募集中です。