Karatsu SDGs佐賀県唐津市 SDGs

NPO法人唐津FARM&FOODは地方都市である佐賀県唐津市を中心にSDGsを推進する環境教育ワークショップを開催し、教育、国際交流、産業との連携、観光等地域を活性化し、地方創生に貢献します。世界各国のアーティスト、学生から高齢者まで幅広く構成されたボランティアをもと人と人のつながりをつくり、豊かな文化的環境を創造していきます。

佐賀 SDGs

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。 「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、 2030年を年限とする17の国際目標あります。

NPO法人 唐津FARM&FOODは、SDGs推進事業 『PRECIOUS PLASTIC 唐津 』を設立、地域で出た海洋プラスチックゴミを中心としたプラスチックの地域循環システム構築プロジェクトを開始し、唐津の海洋プラスチックごみをはじめとしたプラスチック廃棄物管理の改善を通じて、きれいな街の実現、海洋環境の保全に向けた取り組みを推進し、SDGs(持続可能な開発目標)4、9、11、12、13、14、17に貢献します。
各SDGsの目標について詳しくはこちら

  • SDGsの目標4. 質の高い教育をみんなに
  • SDGsの目標9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • SDGsの目標11. 住み続けられるまちづくりを
  • SDGsの目標12. つくる責任 つかう責任
  • SDGsの目標13. 気候変動に具体的な対策を
  • SDGsの目標14. 海の豊かさを守ろう
  • SDGsの目標17. パートナーシップで目標を達成しよう
海洋プラスチック
ESD

SDGsの目標達成のため唐津の海に漂着する海洋プラスチックゴミの回収からクリエイティブに再生するまでの一連の作業と、プラスチックゴミからマイクロプラスチックになる過程や漂着ゴミの環境への弊害を解説した「環境教育プログラム」を作成し.持続可能な開発に関するESDワークショップを実施しています。

ESDはEducation for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。 ESDとは、これらの現代社会の問題を自らの問題として主体的に捉え、人類が将来の世代にわたり恵み豊かな生活を確保できるよう、身近なところから取り組む(think globally, act locally)ことで、問題の解決につながる新たな価値観や行動等の変容をもたらし、持続可能な社会を実現していくことを目指して行う学習・教育活動です。 つまり、ESDはSDGsの推進基盤であり、持続可能な社会の創り手を育む教育です。

SDGs

SDGsワークショップの実績

NPO法人 唐津FARM&FOODのSDGs WorkshopではPrecious Plasticのマシーンを使い廃プラスチックをリサイクルするを過程を見ながらプラスチックリサイクルを体験できます。またマイクロプラスチックなどを解説する環境教育プログラムなど授業の一環としてお使いできます。 プラスチックリサイクルのノベルティ、展示は企業様のブランディングにもなります。
SDGs 大きな問題への小さな一歩はこちら

  • 唐津市立東唐津小学校 5、6年生
  • 唐津市立湊中学校 1年生
  • 環境教育イベント Re:CYCLE 旧唐津銀行
    協賛:株式会社ユーグレナ
    国際交流:タイ、スペイン、ウガンダ、アイルランド
  • 新佐賀NHK放送記念会館
    主催:佐賀NHK、展示
  • 唐津フードバンク
    主催:NPO法人 KARATSU
  • ダイワロイヤルホテル唐津
  • 波戸岬ビーチクリーン
    共催:佐賀県、唐津市

NPO法人唐津FARM&FOODではSDGsに協働して取り組める学校、企業様を募集しています。

Workshopを開催したい、学校のSDGsの授業に活用したい、SGDsに力を入れたい、社内のCSR活動を強化したいという企業様、NPO法人唐津FARM&FOODではSDGsに協働して取り組める学校、企業様を募集しています。まずはお気軽に下記フォームからお問い合わせください。